[PR]

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカは19日(日本時間20日)、米ネバダ州ラスベガスで第2日があり、女子フリーで15歳のアンナ・シェルバコワ(ロシア)が2本の4回転ルッツを成功させて160・16点を出し、合計227・76点でショートプログラム(SP)4位から逆転優勝した。SP2位の坂本花織(シスメックス)は129・22点の合計202・47点で総合4位、SP3位の樋口新葉(明大)は109・56点の合計181・32点で総合6位となり、日本勢は表彰台を逃した。山下真瑚(愛知・中京大中京高)は96・19点で合計142・40点で総合12位。

 男子フリーは、世界選手権2連覇中のネーサン・チェン(米)が196・38点の合計299・09点で大会3連覇を達成。SP8位の友野一希(同大)は154・71点の合計229・72点で総合5位。今季から本格的にシニアに参戦する島田高志郎(木下グループ)は144・10点の合計216・22点で総合10位だった。

 GPシリーズ第2戦スケートカナダは25日(日本時間26日)に、カナダ・ケロウナで開幕する。日本勢は羽生結弦(ANA)、紀平梨花(関大ク)らが出場する予定。