[PR]

 カヌー・スラロームの東京五輪日本代表選手最終選考会を兼ねた、第42回NHK杯国際競技大会は20日、東京都江戸川区のカヌー・スラロームセンターで準決勝、決勝があった。男子カナディアンシングルでリオデジャネイロ五輪銅メダルの羽根田卓也(ミキハウス)が日本選手トップの3位に入り、4大会連続の五輪出場を決めた。

 同カヤックシングルは足立和也(山口県体協)が初出場、女子カヤックシングルは矢沢亜季(昭和飛行機工業)が2大会連続の出場を決めた。東京五輪で初採用となる女子カナディアンシングルは佐藤彩乃(秋田病理組織細胞診研究センター)が代表となった。

■納得…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも