[PR]

(20日、ラグビー・ワールドカップ準々決勝 日本3―26南アフリカ)

 力負けだった。スクラムで粘り切れず、自ボールのラインアウトも幾度となく奪われた。今大会5試合目で初めてノートライに終わった。

 試練はいきなり前半3分にやってきた。自陣22メートルライン付近でのスクラム。今大会の躍進を支えた武器だったはずが、逆に約5メートル押し込まれた。右の狭いサイドを狙われ、先制トライを許した。

 南アは明らかに日本の心にダメ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら