[PR]

 水俣病が発生した熊本県水俣市と新潟県に建立された「お地蔵さん」をテーマにしたトークイベントが20日、水俣市明神町の水俣病資料館であった。

 同館で開かれている企画展「新潟と水俣~お地蔵さんがつなぎ、伝えるもの~」の関連イベント。水俣では、水俣病の原因企業チッソとの自主交渉の先頭に立ち、被害者救済に力を尽くした川本輝夫さん(1931~99)が1994年、水俣市の百間排水口前に、新潟・阿賀野川の石でつくられた地蔵を建立した。

 新潟では、自主交渉に突入した川本さんと出会い、患者を支援してきた「新潟水俣病安田患者の会」事務局の旗野秀人さん(69)が98年、地域の絆を再生しようと、水俣川の石でつくった地蔵を阿賀野川のほとりに建てた。

 この日は川本さんの長男で語り…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら