[PR]

 119番通報を受けて緊急走行していた救急車の前に2度立ちはだかり、救急活動を妨げたとして、愛知県警が、名古屋市天白区に住む翻訳業の男(48)を公務執行妨害の疑いで書類送検したことがわかった。男は容疑を認め、「(救急車に対して)積もり積もったものが噴出した」と話しているという。

 天白署によると、送検は今月4日付。容疑は7月23日午前10時45分ごろ、同区焼山2丁目の交差点付近を緊急走行していた救急車の前に自転車で2度立ちはだかり、走行を妨げたというもの。

 現場は天白消防署植田出張所のすぐ近くで、救急車は「女性が意識を失っている」との通報を受けて出発した直後だった。ほかの車が道を譲るなか、男は車道に出て救急車を一時停止させた。さらに救急車を追いかけ、数十メートル先の横断歩道でも再び妨害したという。消防から相談を受けて天白署が捜査を開始。救急車のドライブレコーダーをもとに男を見つけ出した。

 男は調べに「深夜に帰宅中、私…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら