[PR]

 二つの台風が本州付近へ進んでいる。気象庁によると、強い勢力の台風20号は21日に、暴風域を伴って沖縄地方や奄美地方に接近する恐れがある。また、南の海上からは台風21号が北上中。23日午後には非常に強い勢力で小笠原近海に接近し、25日に本州の東の海上を進む見込みという。

 気象庁によると、台風20号は20日午後6時現在、沖縄の南の海上を時速20キロで北北東へ進んでいる。中心気圧は975ヘクトパスカル、最大瞬間風速は50メートル。沖縄や奄美では21日にかけて激しい雨が降る恐れがある。22日には四国沖で温帯低気圧に変わるが、本州に接近する見込み。この影響で、同日は西日本から東北まで広い範囲で大雨となる恐れがある。

 予想される24時間雨量は21日午後6時までに九州南部100ミリ、沖縄、奄美地方80ミリ。22日午後6時まででは伊豆諸島と東海100~200ミリ、関東甲信100~150ミリ、東北50~100ミリなどとなっている。