[PR]

 河野太郎防衛相の「ツイッター大臣」ぶりが止まらない。20日には東京・中目黒にある防衛装備庁の艦艇装備研究所を視察し、終わった頃にさっそく「大水槽」の様子を写真とともに投稿。その後もフォロワーとの軽妙なやりとりや自衛隊の台風災害支援についてつぶやき続けた。

 この日、河野防衛相は午前中に約1時間半、艦艇装備研究所を視察した。河野氏のツイッターのタイムラインによると、視察前後など午後7時までにコメントなしのリツイートを含めて計13回投稿。匿名のアカウントの主や長島昭久元防衛副大臣と自身の写真についてやりとりするなど、こまごまと更新した。

 河野氏は、9月の内閣改造前の外相当時も同じようなスタイルで続けてきた。防衛相就任時の記者会見では続行を宣言し、「ひまつぶしでコーヒー飲んだり、ガムかんだりみたいなつもりでやっていたら、これだけフォロワーが増えた。(外相当時は)外交の話を出して読んでもらえたので、自衛隊の活動や安全保障政策、防衛省の情報発信を織りまぜていきたい」と語っていた。

 つぶやき続けている成果も出ており、フォロワー数は右肩上がり。20日現在、防衛相就任時から20万人以上増えて116万のフォロワーを抱えるまでになった。

 日本の政治家としても指折りの…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら