[PR]

 【西表島=竹富】台風18号が去った1日、西表島西部の船浦湾の干潟を歩いていたオキナワアナジャコを、東京都から観光で訪れていた梅原広行さん(46)が発見した。

 体長30センチほど。「伊勢エビかと思った」というくらいの大きな個体だ。通常夜行性で、自身で掘り起こした2メートルもの深さの穴に生息しているため、なかなか姿を現さない。台風で巣穴が壊れ、さまよっていたかもしれない。

 オキナワアナジャコは穴の上部に掘り起こした泥を積み上げた、火山にも似た最大3メートルもの高さの「シャコ塚」を築く。穴掘りは地中深くから有機物をもたらし、その塚にはさまざまな動植物が共生する。マングローブの生態系にとって重要な役割を果たしている。

 海外では「はさみ」の部分を食…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら