[PR]

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会は20日、準々決勝2試合があり、1次リーグD組1位ウェールズがC組2位フランスを20―19で下し、ウェールズは2大会ぶりの準決勝進出を決めた。27日の準決勝でウェールズは、20日午後7時15分から行われる日本―南アフリカの勝者と対戦する。

 前半はウェールズが10―19と苦戦した。しかし後半途中にフランスが危険なプレーで1人が退場。13―19で迎えた後半33分にウェールズがトライを挙げ、その後のゴールも決めて逆転した。