[PR]

 台風20号は21日午前、本州へ接近している。気象庁によると、台風は22日にかけて本州の南の海上で温帯低気圧に変わるが、停滞する前線を伴って北上。この影響で、21~23日に西日本から東北の広い範囲で大雨となる恐れがある。

 台風19号で被害が出た地域では少しの雨量で洪水の危険性が高まるため、同庁は警戒を呼びかけている。

 同庁によると、台風20号は21日午前9時現在、種子島の南東海上を時速45キロで北東へ進んでいる。中心気圧は985ヘクトパスカル。最大瞬間風速は45メートル。22日にかけて紀伊半島の南海上で温帯低気圧になる見込み。23日未明には三陸沖に達するという。

 21~22日は四国から東日本までで、22~23日は東北で大雨となる恐れがある。予想される24時間雨量は22日午前6時までで、東海300ミリ、近畿200ミリ、四国と伊豆諸島150ミリ。23日午前6時までで、東海と伊豆諸島100~150ミリ、関東甲信と東北、北陸、近畿50~100ミリとなっている。

 また、日本の南の海上からは台風21号が北上中。24~25日に小笠原近海に達し、26日には関東近海で温帯低気圧に変わる見込みという。(金山隆之介)