[PR]

 福岡県太宰府市の駐車場に止まっていた乗用車内で女性の遺体が見つかった事件で、同県警は21日、遺体を車に乗せて運んだとして、男女3人を死体遺棄の疑いで逮捕し、発表した。女性の全身には複数のあざがあり、3人が何らかの事情を知っているとみて調べている。

 捜査1課によると、逮捕されたのは無職岸颯(つばさ、24)、無職山本美幸(40)=ともに太宰府市青山1丁目=、バー経営の男(35)=福岡市博多区=の3容疑者。3人は共謀し、20日午前5時5分~午前6時15分ごろ、博多区中洲3丁目の駐車場から太宰府市高雄1丁目のインターネットカフェの駐車場まで、車の後部座席に高畑(こうはた)瑠美さん(36)=同市青山1丁目=の遺体を乗せて運んだ疑いがある。

 調べに対し、岸容疑者は「車を運転しており、様子を確認していないのでわからない」、山本容疑者は「寝ていると思っていた。死んでいることに気づかなかった」と容疑を否認。男は「遺体を運搬した事実は理解している。他の2人に巻き込まれた気持ちしかない」と話しているという。

 司法解剖の結果、高畑さんの死因は外傷性ショックだった。全身に複数のあざがあり、車で運ばれる数時間前に亡くなったとみられる。3容疑者は高畑さんがけがをした理由について「知らない」と話しているという。

 高畑さんは、岸容疑者と山本容疑者の2人と同居。男とも知人関係にあったという。(大森浩志郎)