[PR]

取材考記 東京経済部・藤田知也

 日本郵政の鈴木康雄副社長からあの発言が飛び出したのは10月3日、私の質問に対してだった。

 鈴木氏はその日、国会に呼ばれていた。かんぽ生命保険の不正営業を報じたNHKに郵政側が抗議し、NHK会長が経営委員会から厳重注意を受けた問題で、野党から説明を求められたのだ。

 野党のヒアリングを受けた鈴木氏からは、NHKへの特異な感情が端々ににじみ出ているように感じた。そこで出てきた鈴木氏を、いわゆる「ぶら下がり取材」で直撃した。やりとりはこうだ。

 私「(長門正貢・日本郵政)社長は『反省する』と言ったが、副社長は思うところがあるのですか?」

 鈴木氏「ありますよ」

 私「NHK側は何も不適切とは認めていません」

 鈴木氏「取材を受けたら動画を…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら