[PR]

 東京地裁で21日に開かれた公判で、検察側は「麻取が映像を報道機関に渡した」と明かした上で「手続きの適法性を検討するため公判延期を求めた」と説明した。弁護側は捜査の都合で判決が3カ月遅れたことを量刑上考慮すべきだと訴え、改めて結審した。東京地裁(長池健司裁判官)は21日、田口、小嶺両被告に懲役6カ月執行猶予2年(求刑はいずれも懲役6カ月)の判決を言い渡した。