[PR]

 トヨタ自動車労働組合(組合員約6万9千人)は2020年春闘で、19年に引き続き、ベースアップ(ベア)の具体額を公表せず、定期昇給などを含む総額で要求する考えだ。「脱ベア偏重」で労使が足並みをそろえる。一律賃上げをめぐっては労使間に溝があり、組合側が厳しい交渉を強いられる可能性がある。

 トヨタの経営側は18年春闘以降、「グループ内の賃金格差を縮めるため」としてベア額を非公表にしており、20年も続ける方針。組合側もこれを受け入れ、19年春闘ではベアの具体額を公表せずに定期昇給や手当などを含めた総額「組合員1人平均1万2千円」で要求した。

 トヨタ労組は19日に定期大会を開き、20年春闘でも賃金総額で要求するかたちを「堅持したい」とする考えを表明。脱ベア偏重で、労使の協調姿勢を示す。

 一方、春の労使交渉では賃上げ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら