[PR]

 指定暴力団工藤会(北九州市)が市民らを襲撃したとされる一連の事件のうち、建設会社役員射殺事件など3件に関わったとして、殺人や殺人未遂などの罪に問われた工藤会系組員桜木淳典被告(40)の判決公判が21日、福岡地裁であった。足立勉裁判長は、懲役20年(求刑懲役25年)を言い渡した。

 判決によると、桜木被告は、工藤会の新事務所撤去運動に参加した北九州市の自治会長宅銃撃(2010年3月)▽同市で起こった清水建設従業員銃撃(11年2月)▽同市の建設会社役員射殺(同年11月)の3事件で、複数の組員らと共謀。実行犯を車で送迎したり、犯行に使った車や実行犯の着衣を処分したりした。足立裁判長は「従属的な立場であったが、重要な役割を果たした」とした。

 動機について判決は、自治会長事件は「暴力団追放運動に取り組んでいたことから、工藤会に対する反対運動への威圧などの目的」、ほか二つの事件は「工藤会の意に沿わない企業や個人に対する見せしめ」と推認されるとした。