[PR]

 指導中の保育園児の顔を殴ったとして、福岡県警は21日、同県宗像市の認可保育所「日の里西保育園」副園長、清原こづえ容疑者(40)=福岡市中央区白金1丁目=を傷害の疑いで逮捕し、発表した。容疑を否認しているという。

 捜査1課によると、清原容疑者は6月26日午前8時半~午前11時半ごろ、宗像市日の里9丁目の同園で、上体を反らせ手足で支える「ブリッジ」をさせて歩かせていた男児(6)の顔を殴り、約2週間のけがを負わせた疑いがある。「泣いていたので、励ますために両頰にタッチするように触れただけ」と話している。

 園はこの日、十数人の園児たちに「ブリッジ歩き」をさせた。迎えに来た母親が、男児の顔の腫れに気づくと、清原容疑者は「どこかにぶつけたかもしれない」と話した。だが、男児は帰宅後に「ブリッジ歩きの時に遅れたからたたかれた」と訴えた。母親が2日後にただすと、清原容疑者は「手が当たったかもしれない」と説明したという。

 21日に会見した宗像市によると、清原容疑者は7月下旬、別の園児の肩と頭を押さえ、園児が口の中が切れるけがを負ったという。

清原容疑者は2011年から同園…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら