[PR]

 三重県桑名市長島町の「ナガシマスパーランド」に隣接する観光農園「ナガシマファーム」で初めてのオリーブの実の摘み取り作業が始まった。約1800本の園内の木は3年たって実をつけるようになり、約2トンの収穫量が見込まれる。「長島をオリーブの町に」と始めた新しい事業が軌道に乗りつつある。

 オリーブ園は観光客が遊園地の駐車場へ向かう道路脇にあり、約6ヘクタール。2016年に植えた苗木は人の背を超すほどに育ち、2センチ近い実を幾つもつけるようになった。昨年は試しに約100キロを摘んだが、今年はその20倍にもなる。

 オリーブは5月に花が咲き、9月に入ると実はぐっと成長するという。木はやがて5、6メートルを超えて、将来は大きな林になる。

 外国の産地では機械を使うとい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら