[PR]

 中国当局に拘束された北海道大学の40代の男性教授について、中国外務省の華春瑩報道局長は21日の定例会見で「中国は法に基づき、中国の法を犯した疑いのある外国人の処理を進める」と述べ、事実上拘束を認めた。「具体的な状況は把握していない」とも話し、詳細には触れなかった。

 日中関係筋によると、教授は9月、北京の空港で当局に拘束された。中国政治などが専門で、過去に防衛省防衛研究所や外務省に勤務した経験がある。

 華氏は教授の拘束が日中関係に影響する可能性を問われ、「大げさで、そのような連想をする必要はない」と話した。(北京=高田正幸)