[PR]

 台風20号は太平洋上で温帯低気圧となって22日、東海沖へ接近する見込みだ。気象庁によると、低気圧は日本の南の海上にある前線と重なって北上。同日は近畿から東北までで、非常に激しい雨となる恐れがある。台風19号で被害が出た地域では少しの雨で洪水の危険性が高まるため、同庁は警戒を呼びかけている。

 同庁によると、台風20号は温帯低気圧となって、22日朝には東海沖へ達する見込み。23日には三陸沖へ北上するため、東北は同日も大雨が降る恐れがある。

 予想される24時間雨量は22日午後6時までで、東海300ミリ、近畿と伊豆諸島200ミリ、関東甲信150ミリ、北陸と東北80ミリとなっている。23日午後6時まででは、東北50~100ミリ。

 被災地となった長野市では、21日に3千人を超えるボランティアが参加したが、広い範囲で雨が降るとみて22日は活動中止を決めた。

 一方、日本の南の海上からは台風21号が北上している。23~24日に小笠原近海に達し、25日には関東の東海上へ北上する見込みという。