政府が巨大IT規制の議論開始 ネット広告の実態調査へ

有料会員記事

栗林史子
写真・図版
[PR]

 「プラットフォーマー」と呼ばれる巨大IT企業への規制を総合的に検討する政府の「デジタル市場競争会議」は21日の会合で、ネット広告について広告主やメディア、広告事業者などに幅広くヒアリングすることを決めた。ネット広告市場はプラットフォーマーによる寡占化が進み、プライバシー侵害への懸念も高まっているため問題点を洗い出す。公正取引委員会も近く実態調査を始める予定だ。

 ネット広告では利用者の閲覧履歴などの個人情報を集め、興味がありそうな広告を表示する「ターゲティング広告」という手法が盛んだ。広告主と広告を表示するサイトの間には、データを集める業者や広告枠を確保する業者など様々な業者が媒介し、リアルタイムで入札が行われている。日本でも新興のネット広告事業者が多く生まれ、上場した企業も複数ある。

 一方で、プラットフォーマー…

この記事は有料会員記事です。残り500文字有料会員になると続きをお読みいただけます。