[PR]

 長野県南牧(みなみまき)村で2016年、山梨県甲州市の会社員斉藤弥生さん(当時36)の遺体が見つかった事件で、強盗殺人などの罪に問われた神奈川県厚木市、無職武井北斗被告(25)の裁判員裁判が25日、甲府地裁(横山泰造裁判長)で結審した。検察側は「犯行は卑劣で無慈悲、執拗(しつよう)かつ冷酷に実行され、人としての尊厳も無視した非道なもの」と指摘。「極刑を回避する理由はない」と死刑を求刑した。判決は11月8日に言い渡される。

 起訴状によると、武井被告は16年11月26日夜、仲間の男3人と共謀し、斉藤さんが店長を務める山梨県昭和町の貴金属買い取り店から金品を奪うため、斉藤さんを自宅で待ち伏せし、凶器で殴ったり首をしめたりして殺害したなどとされる。

 検察側は論告で、武井被告が「主犯かつ実行犯。謝罪は一切なく、更生の可能性はない」と主張。一方、被告はこれまでの公判で強盗殺人罪については「覚えていない」と述べ、弁護側も「犯人であるという客観的、直接的証拠はない」と無罪を主張した。

 武井被告は、斉藤さんの事件の約3カ月前の16年8月、甲府市の住宅から金品を奪おうと会社役員男性(当時73)に暴行して死亡させたとする強盗致死罪でも起訴されており、「覚えていない」と無罪を主張している。

 弁護側はまた、関与を認めた強盗致傷や窃盗など別の事件については、被告が若いことを踏まえ、「相応の期間、施設内での処遇が必要」と有期刑を求めた。

 強盗殺人と強盗致死事件では、20代の男4人が共犯として起訴され、無期懲役や懲役30年などの判決が確定している。(野口憲太)