[PR]

 福島県郡山市議3人は16日朝の新幹線で東京・羽田空港に向かった。阿武隈川の支流・逢瀬(おうせ)川の氾濫(はんらん)による水没地域から約500メートルに自宅がある名木敬一市議(55)は、JR郡山駅まで約20分かけて歩いた。水没した地域で災害ゴミなどを間近で見て、「ああっ、こんなに大変なのか」と気持ちが重くなったが、立ち止まることはなかった。

 昼過ぎに高知空港に到着。午後2時半から2時間、高知市役所で「二段階移住」について話を聞いた。終了後は宿泊のビジネスホテルに行き、3人で近くの飲食街でビールでカツオのワラ焼き料理などを食べた。諸越裕市議(64)は「地元の文化を知るためにも行ったら食べないと」と考えたという。

 翌17日午前、徳島県三好市役…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら