[PR]

 俳優・映画監督の奥田瑛二さんの父の生家は、愛知県瀬戸市にある茅葺(かやぶ)きの家。奥田さんは幼いころから茅葺きの家を何度も訪れた。妻を父親に紹介した時、娘2人を連れて探検した夏休み。茅葺きの家には家族との思い出が詰まっているという。「茅葺き」への思いを奥田さんに聞いた。

――奥田さんは愛知県春日井市出身。父の生家があるのは、車で20分ほど離れた愛知県瀬戸市の自然豊かな山里だ。

 小さい頃からしょっちゅう行って山や川を散策しておりました。おじいさんが山で木を切ったり、おばあさんが畑で野菜を採ったりすればついて行きました。畑まで150メートルくらいあるけれど、あぜ道を通るだけで蛇を2匹くらい見ますね。井戸の水をくんで、冷やしたスイカを取りにいくなどの手伝いは、子どもの頃からやらされていました。

――妻はエッセイスト・コメンテーターの安藤和津さん。

 和津さんをうちのおやじに紹介した時も、春日井の実家ではなくて茅葺きの家に連れていきました。

――映画監督・安藤桃子さんと、俳優の安藤サクラさんが生まれてからは、頻繁に訪れた。

 夏休み冬休み春休み。ことある…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら