[PR]

 シリア北東部でトルコ軍が少数民族クルド人の武装組織「人民防衛隊」(YPG)を越境攻撃した問題で、ロシアのプーチン大統領とトルコのエルドアン大統領が22日、ロシア南部ソチで会談した。プーチン氏は、トルコがシリア北東部のトルコ国境沿いに設置をめざす緩衝地帯「安全地帯」からYPGを撤退させることに協力を表明し、トルコが今回制圧したシリア領を管理することを事実上容認した。

 ロシア、トルコ両政府が発表した合意内容によると、23日正午からロシア軍警察と、ロシアが後ろ盾として支えるシリア・アサド政権の国境警備隊がシリア北東部のトルコ国境地帯に入り、150時間以内にYPGの戦闘員をトルコ国境から30キロ圏外に撤退させる。その後、シリア北東部のトルコ国境沿いの幅10キロの地域でトルコとロシアが共同パトロールをする。

 首脳会談は約6時間に及んだ。…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら