[PR]

 米フェイスブック(FB)創業者のマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は23日、暗号資産(仮想通貨)「リブラ」について、「FBは米国の規制当局が承認するまでは、世界のどの地域でもリブラの立ち上げには参加しない」と表明した。米当局は審査に1年以上かかるとしており、当初目標の来年上半期の発行を事実上断念した形だ。

 米下院金融サービス委員会で証言した。また、ザッカーバーグ氏は同委に提出した証言文で、リブラ発行について「急ぎすぎだ」との批判が寄せられていることに言及したうえで、「時間をかける」と明言。「米国の規制当局の懸念が完全に解消されるまで、立ち上げを遅らせることを支持する」と説明した。

 米当局の承認を発行の前提と位置づけることで理解を得る狙いとみられるが、発行が実現する時期を見通すのは一段と難しくなった。

 ザッカーバーグ氏はまた、「我々がこの問題を議論しているときに、他国は待っていてはくれない」と言及し、中国を名指しして「同じようなアイデアを立ち上げるべく、迅速に動いている」と指摘。リブラが「金融の世界における米国の主導権を高めることにつながる」とアピールした。

 大規模な個人情報の流出問題を繰り返してきたFBへの不信感を踏まえ、ザッカーバーグ氏は証言文で「人々の情報を売ることはしない」と個人情報保護に取り組む姿勢を強調。リブラの発行・管理を行う「リブラ協会」へは、FB子会社の「カリブラ」を通じて参加する仕組みを説明し、「FBのデータと、カリブラの金融情報との間には明確な線引きがある」と情報管理を徹底する姿勢も示した。(尾形聡彦

     ◇

 〈リブラ〉 暗号資産(仮想通貨)の一つで、米フェイスブック(FB)の子会社などがつくる「リブラ協会」が発行・管理する。米ドルや円といった主要通貨や国債などを裏づけ資産とし、比較的価値が安定しているとされる「ステーブル(安定した)コイン」とされる。スマートフォンのアプリ上で現金と交換できる見通し。FBが6月に構想を発表し、当初は2020年上半期の発行を掲げた。