【動画】今年初めから改修中の名古屋・栄地区のシンボル「名古屋テレビ塔」で23日、耐震工事の一部が報道陣に公開された。
[PR]

 今年初めから改修中の名古屋・栄地区のシンボル「名古屋テレビ塔」で23日、耐震工事の一部が報道陣に公開された。免震装置の設置のため、塔を支える4本の脚の基礎部分が切断され、高さ180メートル、重さ約4千トンの塔が一時的に地面と切り離される。

 すでに3本の脚と基礎が切り離され仮設の支柱で支えられており、この日は最後の4本目が切断された。基礎の一部を撤去し、免震装置を設置する。改修前は震度5強で倒壊の恐れがあったが、震度6強でも耐えられるようになるという。

 名古屋テレビ塔は1954年開業。「未来のタワー」をコンセプトにリニューアルし、高級ホテルやレストランなどを併設し、来年7月に営業を再開する。(石塚大樹)