[PR]

 昨年7月の西日本豪雨で被災し、不通が続いていたJR芸備線の三次(広島県三次市)―狩留家(かるが)(広島市安佐北区)間(48・2キロ)が23日、約1年3カ月ぶりに運転を再開した。これで、JR西日本の被災路線すべてが復旧した。

 広島市安佐北区にある第1三篠川橋梁(きょうりょう)では、地元消防団が放水してアーチを描いた。この鉄橋の橋脚と橋桁の一部が増水で流失し、再建のため長期間の運休を余儀なくされていた。

 少子高齢化により、被災前から山あいを走る芸備線の利用状況は厳しかった。2018年度の1日1キロあたりの平均利用者数(輸送密度)は、1987年度から半減した。ただ、沿線には中学校や高校が点在する。広島市内への通勤・通学や通院のための利用者にとっても大切な存在だ。

 JR西は強度を高めた鉄橋を架…

この記事は有料会員記事です。残り171文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り171文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り171文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース