[PR]

 お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実さん(44)が設立した会社が、2018年3月期までの7年間で約1億2千万円の申告漏れを東京国税局から指摘されたことがわかった。このうち約2千万円は徳井さんの個人的な支出を会社の経費として計上したとして、所得隠しと判断された。追徴税額は約3400万円とみられ、すでに修正申告したという。

 関係者によると、徳井さんは所属事務所の吉本興業から、株式会社「チューリップ」(東京都世田谷区)を通じて出演料などを受け取っていたが、18年3月期までの3年間の法人所得約1億円を申告していなかった。また15年3月期までの4年間は、旅行代や洋服代など約2千万円の個人的な支出を会社の経費にしていたとされ、所得隠しを指摘されたという。

 吉本興業の広報担当者は朝日新聞の取材に「事実を確認中」と話した。