[PR]

 阪急電鉄が計画する新路線「なにわ筋連絡線」と「新大阪連絡線」の実現に向け、阪急が近く、関係者と協議に入る方針を明らかにした。2線は大阪市の北梅田駅(仮称)とJR新大阪駅を結び、市を南北に貫く「なにわ筋線」と接続を目指す。3線が開通すれば新大阪と関西空港で列車の直通運転が可能になり、利便性が高まると判断した。

 「なにわ筋連絡線」(2・5キロ)は北梅田―阪急十三、「新大阪連絡線」(2・1キロ)は十三―新大阪を結ぶ。2031年開業予定の「なにわ筋線」と北梅田でつなぎ、難波や関空と直通させる構想だ。今後、なにわ筋線の運行主体であるJR西日本や南海電気鉄道、地元の大阪府・市と協力し、事業のスキームやルートを検討する。

 近畿運輸局が昨年公表した試算では、阪急の2線の建設について「収支はおおむね良好」との判断を出していた。(神山純一)