自民党の保守系議員でつくる「日本の尊厳と国益を護(まも)る会」(代表幹事・青山繁晴参院議員)は23日、安定的な皇位継承策として、「男系男子」を維持した上で、旧宮家の男性の皇籍復帰を可能とする法整備を求める提言をまとめた。二階俊博幹事長ら党幹部宛てに提出し、安倍晋三首相にも手渡す予定。

 提言は、母方だけに天皇の血を引く「女系天皇」は「『天皇ならざる天皇』を生み出す」と否定。旧宮家の男性が現皇族の養子となる案などを示した。