[PR]

 「甲斐キャノン」と呼ばれるソフトバンク・甲斐の強肩は今シリーズで披露する機会がなかった。その一方で、巨人の打者の状態を感じ取るセンサーはフル稼働していた。

 「内角を攻めるだけが勇気かと言えばそうではない。カーブを続けることも勇気。僕を信じて投げてくれた投手の力」。第3戦で巨人の岡本の1打席目に5球続けてカーブを投げさせ、空振り三振。CSで好調だった岡本を極端な攻めでほんろう。第1戦では千賀がフォークを投げ、第2戦で高橋礼、第4戦で和田が内角を突いた。この日、六回に一発を許したが、最低限にとどめた。

 育成選手時代から指導する森ヘッドコーチは「第1戦の1巡目から各打者の調子の見極めを十分にやってくれた。相当早く、察知してくれた。それが大きい」とほめる。

 短期決戦で、捕手は事前のデータに加え、試合でえたものをどう生かすかが問われる。昨年は6連続盗塁阻止を記録し、MVPに輝いた甲斐。打線が光った今シリーズで、陰のMVPと言っていい。(坂名信行)