[PR]

 昨秋の台風で被災した大阪府羽曳野市の食肉加工販売店が、災害時に赤ちゃんもペットも安心して食べられるリゾット風の非常食「SONAE(そなえ)」を開発した。アレルギーにも配慮したやさしい味だ。11月1日は「ワン・ワン・ワン」で「犬の日」。ペットを含めた「家族」の、万が一の備えを考える日にしませんか。

 昨年9月、近畿地方を中心に大きな被害をもたらした台風21号。羽曳野市の安井明彦さん(42)が営む馬肉専門の食肉加工販売店「安井商店」も屋根瓦が飛び、窓ガラスが割れ、ベランダが損壊した。幸い、近くにある自宅は無事で、妻と2人の子ども、愛犬サクラにけがはなかった。でも、もし自宅が被災して避難所生活を送ることになったら、と想像すると不安になった。「どうしたら、家族もペットも守れるんやろう」

 1月、テレビを何げなく見ていて「これや」と思った。NHK連続テレビ小説「まんぷく」。長期保存できるインスタントラーメン作りを描いたドラマだった。まずは食。人もペットも安心して食べられる非常食を作ろうと思った。

 3月、ペットを飼う家庭の防災について学ぼうと、民間資格「ペット災害危機管理士」の3級認定講座に参加。講座で知り合った獣医師の助言から、非常食は水分を多めにし、飲料が数日なくとも乗り切れるよう工夫することにした。メイン食材は、安井商店で扱う新鮮な馬肉だ。馬肉は比較的低アレルギーで、たんぱく質を多く含むなど栄養価が高いとされる。小麦アレルギーにも配慮して玄米を使用した。このほか、管理栄養士に相談しながらキャベツやサツマイモなど計12種類の食材を使い、無添加で栄養バランスのとれた非常食を完成させた。

 災害時は物流がストップするこ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら