[PR]

患者を生きる・眠る「アルコール」(3)

 アルコール依存症の入院治療を終えた東京都の男性(53)は2011年2月、職場に復帰した。だが、職場に隠れて酒を飲むことがあり、アルコールをやめることはできなかった。

 専門外来がある慈友クリニック(東京都新宿区)では、「抗酒剤」を出された。これをのんでから飲酒すると、頭痛や吐き気が生じる。しかし、男性は飲酒してもつらさをあまり感じなかった。「自分は特別だ」との思いを強くした。

 この年の7月、職場のアルコー…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら