写真・図版

[PR]

患者を生きる・眠る「アルコール」(5:情報編)

 アルコール依存症になると、自らの意思で酒の飲み方をコントロールできなくなる。酒が手放せなくなり、酒をやめると手の震えや不眠などの「離脱症状」も出る。

 原因となる多量飲酒のきっかけは、仕事のストレスや家庭内の不和などさまざまだが、不眠などの睡眠障害も関係する。

 多くの人が病気を認めようとし…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら