【動画】将棋王位戦の予選で、西川和宏六段を破った藤井聡太七段=佐藤圭司撮影
[PR]

 将棋の高校生棋士、藤井聡太(そうた)七段(17)が28日、大阪市福島区の関西将棋会館で指された第61期王位戦(新聞三社連合主催)の予選で、西川和宏六段(33)に118手で勝ち、挑戦者を決めるリーグ戦(通称「王位リーグ」)入りまで、あと2勝と迫った。

 午前10時に始まり、午後7時39分に終局した。

 勝った藤井七段は「序盤でいくつかミスがあって、玉型(ぎょくけい)にも差がある形で戦いが起こってしまったので、苦しい時間が長かったのかな、と思います。結果的には玉頭(ぎょくとう)で勝負したのが良かったかな、と。王位戦では、まだリーグ入りしたことが無いので、そこを目指して頑張っていきたいと思います」などと話した。

 敗れた西川六段は「中央で動けたあたり、振り飛車らしい指し方で、まずまずかな、と思っていたんですが、その後、具体的にどう指したら良いか、分からなくて。(2年ぶり2度目の藤井戦だったが)前回は私がふがいなくて、勝負にならない形だった。今回は終盤、競り合いの勝負になるように心がけていたんですけど、(本局は)競り合いにはすることは出来たんですが、結果を出せなくて残念です」などと話した。

 藤井七段の次の対局は11月5日。第78期名人戦・C級1組順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の6回戦で青嶋未来五段(24)と対戦する。(佐藤圭司)