[PR]

 Tシャツをひざにかけて着用し、しゃがみこんだ姿勢で歩く「ペンギン歩き選手権大会」が23日、愛知県美浜町の南知多ビーチランドで始まった。来場者は人気のフンボルトペンギンと10メートル走を楽しんだ。27日までで、雨天中止。

 ペンギンの脚の骨は折りたたまれた格好といい、これを体験することでペンギンへの関心をより深めてもらおうと企画された。

 滋賀県湖南市から家族4人で遊びに来た会社員佐々木隆史さん(42)は、長女の湊代(みなよ)ちゃん(4)と出場。5秒92でゴールした湊代ちゃんは「楽しかった」と喜んでいた。

 各日午後2時45分からで、「6人対1羽」のレースが2回ある。(嶋田圭一郎)