[PR]

 瀬戸大橋をライトアップする時間を延ばそうという動きが出ている。香川、岡山両県は点灯時間の制限をなくし、橋の夜景を観光振興につなげたい考えだ。一方、自然環境や天体観測への影響を心配する声もある。(添田樹紀)

 「瀬戸大橋は大きな存在だけに、色々なことに考えを及ぼさないといけない。地域の人とともに、ありうべき課題を議論していく」

 高松市内で7月にあった「瀬戸大橋橋梁(きょうりょう)照明の在り方検討委員会」の初会合。座長で筑波大の石田東生(はるお)名誉教授は、検討委の意義を強調した。

 橋を管理する本州四国連絡高速…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら