[PR]

金臺寺(こんたいじ)・白隠(はくいん)筆「法具変妖(へんよう)之図」

 龍頭の幡(はた)を持った赤鬼が疾走し、琵琶にひかれた琴や如意の化け物がどこかユーモラスな姿を見せる。描いたのは、臨済宗中興の祖とされる江戸時代中期の僧、白隠(はくいん)。室町時代の「百鬼夜行(ひゃっきやぎょう)絵巻」(真珠庵〈しんじゅあん〉本)から題材をとったとみられる。

 白隠は多くの禅画を描いたが、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら