[PR]

 低気圧などの影響で、東日本と東北では25日から26日にかけて、大雨となる見込みだ。低気圧に向かって湿った空気が流れ込み、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがある。台風19号の上陸以降では雨量が最も多くなるといい、気象庁は河川の増水や氾濫(はんらん)、土砂災害への警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、台風21号は25日、北海道の東の海上へ向けて北上。台風からの湿った空気が低気圧に吹き込み、東日本では25日夜にかけて、東北の太平洋側では25日昼すぎから26日朝にかけて大雨になるという。

 予想される24時間雨量は25日午後6時までで、東海300ミリ、近畿と四国250ミリ、関東200ミリ、甲信150ミリ、東北100ミリなど。降り始めからの総雨量は関東200~300ミリ、東北150~200ミリとなっている。