[PR]

 東京・渋谷駅直上の高層ビル「渋谷スクランブルスクエア」の東棟が24日、来月1日の開業を前に報道陣に公開された。高さは約230メートルで渋谷エリアでは最も高い建物となり、屋上を全面利用した展望施設(有料)を備える。広いオフィスには大手ITなどが入居予定だ。再開発が進む渋谷ではIT企業が再び集積しつつある。

 スクランブルスクエアの東棟は地上47階、地下7階建て。東急とJR東日本、東京メトロの3社が手がけた再開発ビルだ。大半を占める地上17~45階はオフィスで、面積は計約7万3千平方メートルとなり、東京ドーム約1・5個分の広さ。満室になることが既に決まっており、IT大手のミクシィ本社や、サイバーエージェントが入居する。

 地下2階~地上14階は商業施設で、ファッションや雑貨、飲食店などのテナント約210店が入る。

 東急東横線の地下化に伴い、入り組んでいた渋谷駅の乗り換えルートも改善する。渋谷特有の谷の高低差を踏まえ、エレベーターやエスカレーターを集めた「アーバンコア」と呼ばれる垂直の移動ルートを確保。地下や地上にある駅ホームの利用者が隣接するビルや商業施設へ移動しやすくする。来年1月には、現在は地上3階にある東京メトロ銀座線の改札を1階に移し、地下にある東横線・東京メトロ副都心線との乗り換えも短縮される見通しだ。

 スクランブルスクエアは、今回開業する東棟のほかに、中央棟(地上10階、地下2階建て)と西棟(地上13階、地下5階建て)が27年度に完成する。ほかに渋谷駅南西部で地上39階、地下4階建てのビルが建設中で、今後も再開発が続く。(高橋尚之)

■IT大手4社がプロジ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら