[PR]

 中国が中国語の普及をねらって世界で展開する孔子学院。ブダペストの名門エトベシュ・ロラーンド大学の仏教研究者で、学院の院長も務めるハマル教授を取材した際、意外な言葉が飛び出した。「日本語の方が人気がありますよ」

 教授は「郝清新(ハオチンシン)」という中国名を持つ。私との会話も中国語だ。「中国は唯一、米国に挑戦する国だから警戒されているのでしょう。でも、『西側』だけに頼れぬ私たちは大歓迎です」。そして、中国の野心をしつこく問う私をかわすためか、日本語に対する学習熱を紹介した。

 確かに、孔子学院の教科書には、オタクを意味する「宅男宅女」について中国とハンガリーの学生が語り合う場面もある。この国でも日本のアニメは人気で、日本語習得をめざす若者は多い。しかも、就職のためよりも、好きだから、との動機だ。

 同大学の日本学の定員は中国学…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース