[PR]

 「ヘイトスピーチ」など人種差別の被害を受けた人たちを対象とした無料の電話相談を26日、大阪弁護士会が開く。午前10時~午後4時、専用ダイヤル(06・6312・0350)で受け付ける。

 同会のヘイトスピーチ対策推進プロジェクトチーム(PT)によると、ツイッターなどに匿名で差別的な書き込みをされた場合、投稿者を特定した上で損害賠償を求めるなどの対応が考えられるという。PT事務局長の韓雅之弁護士は「入店拒否や誹謗(ひぼう)中傷など様々な差別がある。悩みを抱え込まず気軽に相談してほしい」と話している。(遠藤隆史