[PR]

 アイドルグループ「嵐」のコンサートの電子チケットを最大15倍の値段で転売したとして、大阪府警は24日、札幌市白石区の保育士の女(24)をチケット不正転売禁止法違反などの疑いで書類送検し、発表した。府警によると、6月に施行したチケット不正転売禁止法での立件は全国で初めて。

 サイバー犯罪対策課によると、女は6~9月、嵐のコンサートや公演の電子チケット2種類(5千円、9千円)計4人分を、SNSを通じて申し込みを受けた女性3人に対し、約8~15倍の値段で転売した疑いがある。最も高値で9千円のチケットを13万3千円で売っていたという。女は容疑を認めているという。

 同課によると、女はSNSで第三者から購入したチケットを、再びSNSで購入希望者を募って転売することを繰り返していたという。府警は女の携帯電話の解析などから、女が今年1~9月、嵐のコンサートなど10公演17人分のチケットを転売し、計90万5千円を得ていたとみている。

 コンサートや演劇、スポーツな…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら