[PR]

 長野県と静岡市は24日、台風19号により、それぞれ1人の死亡が確認されたと発表した。朝日新聞の集計によると、死者は福島や宮城、神奈川など13都県で計86人になった。ほかに全国で8人が行方不明となっている。

 長野県によると、21日に長野市内の千曲(ちくま)川の河川敷で遺体が見つかり、行方不明になっていた静岡県沼津市の男性(73)と確認された。静岡市内では、90代の女性が床上浸水で自宅の2階に避難した後、下りる際に転落して死亡したとみられるという。長野県の死者数は4人、静岡県は2人となった。