[PR]

 ねねの寺にイタリアの風――。豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ、ねね)が創建した高台寺(京都市東山区)で、「秋の特別展」が開催されている。高台寺とイタリアのフィレンツェ市の友好25周年を記念したもの。イタリアの名テノール歌手マリオ・デル・モナコさん(1915~82)の絵画のほか、イタリアのバイオリニスト、ルカ・ガリレオさん(56)が描いたふすま絵も公開している。

 同寺は京都市の姉妹都市であるフィレンツェ市に日本庭園を造ったり、フィレンツェの建築家に寺のライトアップを担当してもらったりして、フィレンツェと友好を深めてきた。

 今回の特別展には、同寺でクラシックコンサートを開いてきたソプラノ歌手で日本イタリア協会(右京区)理事長の中川くにこさんが協力。その輝かしい声から「黄金のトランペット」と呼ばれたフィレンツェ出身のテノール歌手、デル・モナコさんの油彩画5点のほか、中川さんの夫でバイオリニストとして活躍するガリレオさんが制作して高台寺に奉納したふすま絵12枚などが並ぶ。

 中川さんの父は京都市生まれの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら