[PR]

 村上市山辺里の門前川沿いの道路で23日午前8時5分ごろ、「男性がクマに襲われ、けがをしている」と近くの通行人から119番通報があった。男性は頭部に切り傷を負い、病院に搬送された。現場は村上東中学校に近く、同校は対応に追われた。

 県によると、今年度のクマによる負傷者は県内で14人目。県が統計をとり始めた1994年以降、最多を更新している。

 村上署によると、襲われた男性は70代で散歩中だったという。現場から北に約100メートルの同校は同日、下校時に生徒を迎えに来るよう保護者に依頼したり、グラウンドの使用を控えたりし、24日も警戒を続けた。坂爪淳校長は「生徒の安全が第一。警戒態勢を解除する見通しは立っていない」と話した。

関連ニュース