[PR]

 大阪医科大学(大阪府高槻市)の元講師が在職中に、国に必要な届け出などをせずに脂肪幹細胞を人に投与する再生医療を行った疑いがあるとして、大阪府警が、大阪医大や元講師の関係先などを再生医療安全性確保法違反容疑で9月に家宅捜索したことが捜査関係者への取材でわかった。厚生労働省も8月に立ち入り検査に入っており、刑事告発も含めた対応を検討している。

 脂肪組織に含まれる幹細胞は、脂肪や軟骨、骨など様々な組織に分化するという報告がある。自らの脂肪組織由来の幹細胞を使って、しわ取りや軟骨再生などとうたう再生医療が、様々なクリニックで自由診療として提供されている。同法では、再生医療を提供する場合は専門家による審査会を経て、国に計画を提出する必要がある。細胞を加工する施設も許可などを得る必要がある。

 同大によると、元講師は長く再生医療の研究を続けている50代の男性医師。今春、専門家による審査や国への届け出を経ないまま、同大の研究施設で40~80代の知人の男女4人から脂肪組織を採取し、脂肪幹細胞を培養した。さらに、このうちの40代女性にアンチエイジング目的で脂肪幹細胞を点滴投与したという。

 幹細胞を点滴投与した場合、肺…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら