[PR]

 豚の伝染病「豚コレラ」の感染拡大を防ぐため、養豚場で飼育されている豚へのワクチンの接種が25日、東海、北陸の6県で始まった。国は、ウイルスを媒介している野生イノシシの感染が確認された計11県を接種の推奨地域に指定しており、ほかの5県でも順次始まる。接種される豚は約130万頭に上る。

 接種が始まったのは、岐阜、愛知、三重、石川、福井、富山の各県。県の獣医師ら家畜防疫員が養豚場を訪れ、注射でワクチンを接種した。長野は26日、群馬は27日にも接種を始める。滋賀は今月末、埼玉、静岡は11月に計画している。

 豚コレラは昨年9月、国内では…

この記事は有料会員記事です。残り878文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り878文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り878文字有料会員になると続きをお読みいただけます。