[PR]

 菅義偉官房長官は25日午前の閣議後会見で、公職選挙法違反の疑惑が指摘されていた菅原一秀経済産業相が辞表を提出したことについて、「政権として改めて襟を正し、国民の信頼回復に努めていかなければならない」などと述べた。

 菅原氏の公設秘書が有権者に香典を渡したと24日発売の週刊文春が報道。同氏は25日の衆院経産委員会で説明するとしていたが、同日朝に辞任した。野党内からは閣僚辞任だけでなく、議員辞職すべきだとの声が上がっていることについて、菅氏は「個別事案については、答えることは差し控えたい」と述べるにとどめた。

 後任の梶山弘志・元地方創生相については、「経済産業政策そのものについても精通をしており、適任だ」と述べた。