[PR]

 選挙区内での寄付行為をめぐる疑惑を指摘されていた菅原一秀経済産業相が、25日朝辞任した。

 経産省のある管理職は「(疑惑を報じた週刊文春の記事について)さすがにアウト、これはだめだろうねえと省内では話題になっていた」。

 別の中堅職員は「驚いた。国会で説明すると聞いていたので、それでもつかなと心配していたが……。新しい体制で出直すしかない」と話した。

 菅原氏の後任の経産相に就く梶山弘志・元地方創生相は、自民党経済産業部会や衆院経済産業委員会で要職を務めてきた。父の静六氏(故人)も省庁再編前の通商産業相を務めた。

 ある職員は「梶山氏は経済産業行政に詳しく、(父の)静六氏の時代からの知り合いが官庁にも多い。大臣交代で事務的な混乱は一時的にはあるが、答弁が不安定だった菅原大臣より政策が進むのではないか」と話す。